タイ語ラインスタンプ

147〜159話「条件の良い男」

タイに移住して3ヶ月、一時帰国したアキ。たまたま後輩のダイチくんから連絡をもらい会うことになったが…。36歳、結婚に向けて前に進みたいけど過去の恋愛のトラウマで素直になれない…。

147話「一時帰国」

バンコク(都会)にお住まいの方はそうでもないかも知れませんが、パタヤではいつもペラペラの服(よく言えばリゾートファッション)を着ているので、そのまま10月の日本(東京)に帰って来たらかなり浮かれた人になっちゃいます😅

ところで、最後のコマ。
いつもと同じ髪型、顔を描いているのに、メイクさせたら絵の中でもちゃんと変わるもんなんですねぇ。ビックリ😲

148話「再会」

日本に帰ってきて食べたいもの…それは、新鮮な魚と柔らかい牛肉!!!!🐂🐟🐂🐟それにしても、学生時代の恋愛云々ってみんな短絡的で残酷よねぇ…。それがまた恋愛を濃いものにしているんだろうけど…。

149話「違和感」

相変わらずの塩対応でごめんなさい💦男性と接すると婚活疲れがぶり返す様です…😂

にしても「とりあえずビール」シーンをとりあえず入れとくべきだった…。まだ何も食べとらんやーん!肉ー!と自分で自分に突っ込みました🍖

150話「3K」

どうやら3高と言うらしい。
そしてアサミは本当にこんな感じ🤣急に踊り出す💃

151話「女同士なら」

東京スタイル描いてて楽し〜い☺️

152話「本音」

結婚したいとか一人は嫌いとか料理好きって言うと、100%意外って言われる…。

153話「なくならない事実」

未来がないとわかっている相手に振られそうな時、別れたくないと執着してしまう理由の大半は、自分が愛されていないと認めたくないからだ…。

そうなる日が来るとわかっていて彼と付き合っていたあの時の私にとって「そんな事言わせてごめんね」は魔法の言葉だった。

あの時はありがとね、カナ。

154話「全然違う」

ユウくんと出会うきっかけとなったユウくんの大学の同級生のアカリちゃん。仲が良いからこその台詞についムキになってしまった…。

155話「ユウくんのこと」

それとこれは違う!断じて違う!
何故かって?そ…それは、そう感じたからだ!Don’t think! Feel!!!

156話「どっちも」

クミはあっち方面の恋愛相談担当💓既婚子持ちでも色褪せない色気に脱帽。私史上最高にエロい友達😳「各国のムダ毛事情」を最も喜んでるに違いない🤣

ところで私は移住の際、一人暮らしの荷物を売れるものは売って、その他は倉庫に入れました。一時帰国の時にちょこちょこ出し入れしてたんだけど、郊外の倉庫だったから往復するのに半日くらいかかって大変で💦1年で12万…今思えば移住と同時に思い切って処分すれば良かったなぁ。

157話「だよね」

我ながら良い句を詠んだなぁと自画自賛📝「男は顔より体」と豪語していたあの頃が懐かしい…🕶結局一番良い体してるのはこんがり日焼けしたライフガードさんなんだよねぇ🥰ブカブカのサーフパンツよりフィットしたパンツ履いてるのも良き…とか、うん。変態なの。わかってる。

158話「いい年した大人」

仕事とか年齢とか考えなくて良かった頃に自然と出会った人と、そのまま結婚って本当に憧れ…✨😭✨

159話「見極め」

厳しいユキはそう言ってたけど、やっぱりハッキリと結婚の意思を口にしてもらえると女は嬉しいものですよね☺️この時はニヤケを抑えるのに必死でした😚

でも、本当に好きかどうかより、結婚を考えてるかどうかが「大事なこと」になってることが、婚活を苦しいものにしてしまってるんですよね…😭

error: Content is protected !!