ようこそ、アキの展示会「Lai:si」にお越しくださいまして、ありがとうございます。「Lai:si」(ラーイ・シー)とは、タイ語で「色とりどり」という意味です。

アキがタイで見てきた世界、感じた世界を、色とりどりの花や生き物で表現しました。テーマは「ひとり」「ふたり」「みんな」です。

どうぞ、ごゆっくり御覧ください。

見たい場所で画像をクリックしてください。
より近くで絵をご覧頂けます。

展示作品

鳥3部作

タイでよく見たオウムたち。ひとりで枝にとまっている鳥、他の鳥と寄り添っている鳥。「ひとり」と「ふたり」。それぞれの思いと関係。そして「みんな」見えないとまり木で繋がっている。

鳥3部作

左「ひとり気高い青い鳥」

ひとりで気高く生きること。その信念と誇りは誰にも傷つけることはできない。

中「ふたりの関係」

ふたりのことはふたりにしかわからない。もしかしたら、本人同士もわかっていないかもしれない。

右「ひとり美しい赤い鳥」

ひとりで美しく生きること。その陰りのない美しさは自分だけのもの。

蝶々3部作

タイの国花「ゴールデンシャワー」、道を彩る「ブーゲンビリア」そして寺院に静かに咲く「睡蓮」。タイならではの花と、それに群がる蝶たち。「みんな」でいることとは…?

左「睡蓮のハーモニー」

睡蓮に集まる蝶々。 
いくつものものが合わさって作るハーモニー。調和が保たれているものは美しく、 強く、そして儚い。わたしとあなたが作るハーモニー。ひとりでは作れないものの愛おしさ。

中「ブーゲンビリアのパーティ」

鮮やかなブーゲンビリアに集まる蝶々。 
華やかなパーティ、美味しい食事、弾むおしゃべり、みんなとだから楽しいの。ひとりより、ふたりより、みんなといたい。だけどたまに、自分がどこにいるかわからなくなる。

右「ゴールデンシャワーの片思い」

ゴールデンシャワーに集まる蝶々。 
美しく、甘く、優しいあなたに、沢山のひとが集まって、さらにあなたは輝いている。わたしは遠くから見ているだけで満足できるの?

蝶2作品

ひとりで優雅に飛ぶ蝶。ひとりでいるのも、ふたりでいるのも、あなたが選べる。出逢うか出会わないかは自分次第。

左「これから出逢う紫の蝶」

これから黄色の蝶と出逢う、紫の蝶。  

右「これから出逢う黄色の蝶」

これから紫の蝶と出逢う黄色の蝶。 

メイン作品

「あなたと見つめ合う」

タイではゾウと向き合っているのは人。このゾウと見つめ合っているのはあなた。向き合うひとの目はあなたにはどう映る?

魚2作品

タイ産の闘魚と呼ばれる熱帯魚、ベタ。美しい見た目とは裏腹に、同じ水槽に2匹同時には飼えないと言われているほど攻撃的な熱帯魚。それでも、相性が合うあいては必ずいるもの。

左「運命のピンクのベタ」

わたしは自分の運命に導かれてあなたに出逢う。

右「運命の水色のベタ」

わたしの選択が運命となりあなたに出逢う。

「ひとり」でいること、「ふたり」でいること、「みんな」といるということ。それはあなたにとってどんなことですか?

感染症の流行により今は大切な人に会えない日々が続いていますが、みんな見えない同じとまり木で繋がっています。わたしも、これを読んでいるあなたの足元の延長線上に一緒にいます。

そう思うことで、会えない友達や家族だけでなく、画面の向こうの見えない誰かのことまで、実感を持って大切に思う気持ちをこの絵を見て感じてもらえたら嬉しいです。

オリジナルグッズのご紹介

展示会の原画の販売は行っておりませんが、オリジナルグッズをオンラインショップにてご用意しています!携帯ケース、ペンケース、ノートなどの文具、トートバッグや壁に貼れるシートなど、多数取り揃えておりますので、どうぞ御覧ください!

展示会の原画の販売は行っておりませんが、オリジナルグッズをご用意しています!携帯ケース、ペンケース、ノートなどの文具、トートバッグや壁に貼れるシートなど、多数取り揃えておりますので、どうぞ御覧ください!

作者からのごあいさつ

展示会ご挨拶「展示会の絵はいかがでしたか?皆さんに見て頂けて本当に嬉しいです!よかったら感想をお聞かせくださいね。さぁ、これからみんながご来場くださいます!展示会の様子は引き続き漫画でお楽しみください!」

投稿者

アキ

宮崎県出身。キャリアを追い求めていたが、恋愛や結婚に悩み、全てを捨てて36歳で単身タイに移住。明るく元気でパワフル。インスタで実話を元にしたマンガを連載しながら、展示活動やイラスト・デザイン業をしている。