未来がないとわかっている相手に振られそうな時、別れたくないと執着してしまう理由の大半は、自分が愛されていないと認めたくないからだ…。

そうなる日が来るとわかっていて彼と付き合っていたあの時の私にとって「そんな事言わせてごめんね」は魔法の言葉だった。

あの時はありがとね、カナ。

投稿者

アキ

宮崎県出身。キャリアを追い求めていたが、恋愛や結婚に悩み、全てを捨てて36歳で単身タイに移住。明るく元気でパワフル。インスタで実話を元にしたマンガを連載しながら、展示活動やイラスト・デザイン業をしている。