153話「なくならない事実」

未来がないとわかっている相手に振られそうな時、別れたくないと執着してしまう理由の大半は、自分が愛されていないと認めたくないからだ…。

そうなる日が来るとわかっていて彼と付き合っていたあの時の私にとって「そんな事言わせてごめんね」は魔法の言葉だった。

あの時はありがとね、カナ。

error: Content is protected !!